アラフォーのBL感想ブログ・・・だったものです。最近はゲームばかりしてる。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2011/05/24(火)18:31
もともとファンタジー小説ばかり読んでいたので、BLのファンタジー設定も好物です。
ただし、世界設定がしっかりしていないとダメダメ。
(BL好きな方の中には、ファンタジーの世界設定なんか「おまけ」なので、世界を語られてもつまらない、という方も多いと思いますが・・・)


六青さんの別作品のコミカライズを立ち読み(←買え!)して、ノベルズの方を順番に読み返しているのですが。
「ruin―緑の日々」については、未入手でした。
が、偶然古本屋さんでこのカップルの2冊を発見して購入し読んだら・・・めちゃくちゃ面白かったのですよ。


「ruin―傷」の方では片思いに心身ともに傷つき朽ち折れてしまった受。
↑の片思い相手で幼馴染で親友で上司・・・という金髪がですね、かなり自己中心な唐変木でして。
周囲への配慮が一切できない・・・というか、勘違いした方向にばかり気遣いする人でして。

まあ人間なんて誰しも身勝手自分勝手な生き物なので、正しい姿ではあると思うのですが。
受からしたらたまらないですよね~。

あれだけ熱心に仕えてもらい、支えられてきたら好意くらい気づくと思うんですよ。
気づかない鈍感っぷりにあきれるし、もしも気づいて手都合よく利用しているのだとしたら・・・最低。

で、片思いの相手にかなわぬ思いを持ち続けて疲れ果て、消極的な自殺をしてしまった受。
でもちゃんと彼を想って支えよう、救おう、幸せにしてあげたいと想う攻めがちゃんといるわけですよ。

「ruin―傷」の終わりが微妙なハッピーエンドだったのですが、「ruin―緑の日々」で救済されました。
ゆっくりゆっくり癒されて生きること、愛することを受け入れる受。
面白かったです。

そして・・・「ruin―緑の日々」は、私的には「嫁姑戦争」というサブタイトルつけてもいいんじゃないかと想うような(苦笑)話でした。

あのままでは姑も黙ってはいないような・・・。
でも受には全面的に味方になってくれる攻がいるので、嫁姑戦争もたいした問題ではないですね(笑)。
スポンサーサイト
  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blkatuji.blog31.fc2.com/tb.php/150-4bcf4442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ主

ハルコ。

Author:ハルコ。
活字中毒でBL中毒。10年のブランクも何のその、です。
最近は友人に勧めれてはじめた刀剣乱舞ばかりやってて、活字を読んでないような・・・。

最新記事
カテゴリ
LINK
 | 活字ジャンキー(SIDE:BL)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。