アラフォーのBL感想ブログ・・・だったものです。最近はゲームばかりしてる。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2013/03/01(金)20:50
前作が好きすぎて、50年後であるこの作品を読むのは・・・勇気が必要でした。

前作の主人公はすでに鬼籍に入っているはずですし(鳥人だから、寿命は20年程度)。
カバーイラスト見ても、背中に翼のある美形が描かれているから・・・子孫か誰かが本筋にかかわってくるんだろうな~って。

読んだ結論を言いますと。

50年後なので、別の物語でした。

うん、それにはまったく不満はないです。
ヤンデレで色々制約受けてる(とは思えない)攻めとか、能天気で軽くて楽観過ぎる受けとか。
ストーリーも嫌いじゃないし、普通に楽しめるファンタジーBLです。

が。
前作に思い入れのありすぎた私には・・・少し辛いのも事実。

前作の攻め↑がね、まだ生きてるんです。
作中にも登場してしまうんです。

重要な役割ではないけれど、その後の人生が見えてしまっている・・・。

子孫の存在は「絶滅しかけた」という歴史があるから仕方ないし、そーいう結末だったのねと受け入れられます。
ですが、老いた攻めが生きてるのはなぁ・・・。
しかも「神にその身を捧げた」とかで独身を貫いているとか・・・どれだけ惚れてたんだよ~。

前作受けのユーゴが、同族から番の相手を選び、種族のために卵を産んでもらう。
鳥人は一人の相手と一生番うわけですから。

狼炎は種族違うし、寿命も違うし、添い遂げることは出来ないとわかってるけどさ。
50年後だから・・・狼炎も鬼籍に入ってて欲しかったかな・・・。
後追いとかではなく、寿命で命を終えてて欲しかった。
もちろんユーゴに見も心も捧げたままで。

・・・わがままな読者でスミマセン。

「あかつきの塔の魔術師」は続きそうですが、私は・・・どうするかな。
悩み中。

思い入れ強すぎると、ダメですね・・・。


スポンサーサイト
  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blkatuji.blog31.fc2.com/tb.php/237-31477bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ主

ハルコ。

Author:ハルコ。
活字中毒でBL中毒。10年のブランクも何のその、です。
最近は友人に勧めれてはじめた刀剣乱舞ばかりやってて、活字を読んでないような・・・。

最新記事
カテゴリ
LINK
 | 活字ジャンキー(SIDE:BL)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。