アラフォーのBL感想ブログ・・・だったものです。最近はゲームばかりしてる。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2010/05/06(木)19:24
太陽の楼閣シリーズ(B‐PRINCE文庫版)の5冊をまとめて読みました。
あらすじだけを読んでいたら、一番好みだなぁと思ったのは長男の「寡黙で鬼畜な秘書(アナタ)」だったのですが。

読み終わってみれば、兄弟よりも仕立て屋の話が一番好きでした。


意地っ張りと天邪鬼の恋です。
まずこの2人の恋の始まりが、互いの全否定から始まるというのが切ないです。

攻は受に「こんなヤツが一流の仕立て屋であるとは認めない」と言い放ってますし。
売り言葉に買い言葉で、受もケンカを売ってるし。

世界的に有名な師匠の命令で、攻めの店でフルオーダーの仕立てをすることになった受。
顧客もつき、名前も売れ、仕立ての腕で知る人ぞ知る存在になっている受ですが、5年経った今でも攻とはギクシャクしてます。

雇い主である攻めを好きなのですが、5年間一度も攻めのスーツを仕立てたことがないのですよ。
攻めが自分の腕を認めていないから、彼のスーツを作らせてもらえない。
採寸方法について、受を貶めるような発言を繰り返す攻です。

でもそれは、愛情の裏返しといいますか…。
攻は天邪鬼なんですよ。

好きなのに、嫌いといってしまう。
仕立て屋としての腕を認めているのに、それを言わない。

ジリジリしてもどかしい恋ですが、こーいうのはすごく好きなので楽しかったです。

その他の【太陽の楼閣シリーズ】



スポンサーサイト
  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blkatuji.blog31.fc2.com/tb.php/57-6eab23bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ主

ハルコ。

Author:ハルコ。
活字中毒でBL中毒。10年のブランクも何のその、です。
最近は友人に勧めれてはじめた刀剣乱舞ばかりやってて、活字を読んでないような・・・。

最新記事
カテゴリ
LINK
 | 活字ジャンキー(SIDE:BL)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。