アラフォーのBL感想ブログ・・・だったものです。最近はゲームばかりしてる。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2010/07/13(火)19:58
これまた、表紙イラストとカラーイラストが大変ストイックでBLらしくない1冊です。
でも漂う色気は・・・という感じです。



キャラ文庫で、水原さんで、イラストが高階さんだから、てっきりカンフーモノのスピンオフだと思ってたのですが、全く違いました。
ヤクザモノですが・・・テイストは、長いこと若い未亡人に横恋慕していた攻が、誤解と嫉妬に押し倒す話でした(笑)。
受は幼少時に台湾で拾われ、組長を義父さんと呼んで健気に使えていた美人さん。
周囲には「組長の稚児だ」なんて誤解されていましたが、彼にとってはどうでもよいこと。
組長である養父のために自分は存在し、それ以外のことはとんと無関心でした。

跡目を指名しないまま組長が急死し、受は組内部のゴタゴタに巻き込まれます。
新しい組長の下、受は攻の預けられます。
この攻は・・・小学生かお前は?ってくらいのいじめっ子(笑)。
好きな子を虐める典型です。

嫌がるから虐める(エロ)。
自分を見てくれないから虐める(エロ)。
受の気持ちが亡き組長一筋なのが悔しくて虐める(エロ)。

あーもお、いい年の大人が子供みたいなことを・・・。

そんでもって受は養父を失ったことで生きる支えを見失っている状態。
残された組を存続させたいという気持ちだけで生きているようなものです。

最終的に、いじめっ子の気持ちは受に通じハッピーエンドなのですが・・・後半あわててまとめた感があるかな。
養父一筋だった受が攻を心身ともに受け入れるのは、ちょっとアッサリしすぎでは?

もう少し枚数を増やしてじっくりくっついて欲しかったなぁ。
(でも年下攻めというだけで私的にはポイント高い1作です)
スポンサーサイト
  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blkatuji.blog31.fc2.com/tb.php/75-0f2e135d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ主

ハルコ。

Author:ハルコ。
活字中毒でBL中毒。10年のブランクも何のその、です。
最近は友人に勧めれてはじめた刀剣乱舞ばかりやってて、活字を読んでないような・・・。

最新記事
カテゴリ
LINK
 | 活字ジャンキー(SIDE:BL)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。